価値の減らない資産を大切にしよう

こんにちは。

出会える婚活準備の専門家
てらむら です。

今日も読んでいただき、
ありがとうございます

突然ですが・・

あなたの食事の好みは、
洋食派?それとも和食派?

私は、子供のころから「和食派」です。

IMG_0348

 

 

 

 

 

 

私の父は、洋食のコックさん。

オムライスやハヤシライス、
ポタージュやハンバーグ・・・

子供の喜ぶメニューを作ってくれましが
私は、あまり嬉しくありませんでした。

父が和食の板前さんなら良かったのに。

ずっと、そう思っていました。

もう父はいないので、
料理を口にすることはできません。

それから、洋食の良さにも気づき
食べに行く機会も増えました。

あなたには、何かのきっかけで
好みが変わったもの、ありますか?

・・・

ここから、婚活の話題です。

■パートナーに求めるもの

ずいぶん大昔の話ですが・・・

私が20歳代の頃、女性は
少し年上の男性を選ぶのが
一般的だった気がします。

30歳過ぎたら、オンナじゃない!
・・・そんな失礼な事を言う人も・・・

なので、お相手探しのアンテナは
就職と同時に、するどく
張り巡らされていた気がします。

現在は・・
初婚年齢が高くなりました。

以前に比べて、女性の方が
数歳年上のカップルも増えました。

歳の差が親子ほど離れている。
そんなカップルも増えましたね。

まだまだ結婚相手として選ばれる時、
女性は、年齢で評価される。

それは否定できないとはいえ

現在のパートナー選びは
若いから価値があり需要がある
とは、言えないかもしれません。

■価値の減る資産

若さは、それだけで魅力。
そして、値打ちのあることだと思います。

ちょっと失礼なたとえですが、人を
土地付き一戸建て住宅にたとえるなら

若さ(年齢)が家屋」で
人間性が土地」では?

な~んて、思っちゃいました。

経理の世界では、資産の価値について、
2つの考えがあります。

時間の経過とともに、
その価値が下がるもの
その価値が下がらないもの

価値が下がるものは
「償却性資産」といい、

毎年、価値の減額を計算をするので
毎年、価値が下がります。

若さに価値があるとすれば、
年々、その価値は減ることになります。

■基盤となる部分

価値の下がる年齢にこだわらず
基盤の価値を高めていく。

それは、時間の経過とともに
実現できることではないか。

人の基盤とは、人柄だけでなく
健康・考え方・知識・技能・意識・・・

生きざまや、あり方全部だと思います。

時代や状況に応じて求められる
価値を持っているのであれば
求める人は、きっといる。

だから、年齢であきらめないでね。

出会いも、夢も、目標も♡

あなたは

自分の価値を上げるために
どんな行動をしますか?

・・・・

ここまで読んでいただき、
ありがとうございます

てらむら のりこ