価値の減らない資産を大切にしよう

こんにちは。

出いを生み出す婚活準備の専門家 あやのはるかです。

いつも読んでいただき、ありがとうございます。

 

今日は資産のお話。

でも、お金を出して買うモノの事ではなくて、「相手に与えられるもの、求められるもの」=人としての価値といったお話です。

 

■パートナーに求めるもの

 

もうずいぶん昔の話ですが・・・

私が20歳代の頃、女性は少し年上の男性を選ぶのが一般的でした。

30歳過ぎたら、オンナじゃない!・・・そんな失礼な事を平気でいう人も多かったです。

 

なので、お相手探しのアンテナは、就職と同時に、するどく張り巡らされていた気がします。

25歳はクリスマスケーキ(=売れ残り)、だから、24歳までに結婚しないと!!って。

 

現在は・・初婚年齢が高くなりましたね。平均すると28歳超えているのではないでしょうか。

以前に比べて、女性の方が数歳年上のカップルも増えました。

歳の差が親子ほど離れている。そんなカップルも増えましたね。

 

まだまだ結婚相手として選ばれる時、女性は、年齢で評価される。

 

それは否定できないとはいえ、現在のパートナー選びは「若いから価値があり需要がある
とばかりは、言えないかもしれません。

 

価値の減る資産

若さは、それだけで魅力。取り戻せないという点で、値打ちのあることだと思います。

 

ところでちょっと失礼な例えになってしまいますが、人を土地付き一戸建て住宅にたとえるなら「若さ(年齢)が家屋」で「人間性が土地」ではないだろうか。

な~んて、思っちゃいました。

 

経理の世界では、資産の価値について、2つの考えがあります。

時間の経過とともに、「その価値が下がる」ものと、「その価値が下がらない」ものです。

 

価値が下がるものは「償却性資産」といい、毎年、価値の減額を計算をする必要があり、毎年、価値が下がります。

 

土地の評価は上がったり下がったりはしますが、通常家屋は下がる一方です。

若さが価値だとすれば、年々、その価値は減ることになります。

 

基盤となる部分

 

価値の下がる年齢という資産にこだわらず、基盤の価値を高めていくこと。

それは、時間の経過とともに、努力や心がけで誰でも実現できることではないでしょうか。

 

人の基盤とは、人柄だけでなく、健康・考え方・知識・技能・意識・・・生きざまや、在り方など、沢山ありますす。

時代や状況に応じて求められる価値を持っているのであれば、あなたを求める人は、きっといる。

 

だから、年齢であきらめないでねというお話でした。

出会いも、夢も、目標もね。

 

あなたは、自分の価値を上げるために、今日からどんな行動をしますか?

 

今日のお話はいかがでしたか?

小さな気づきや、ヒントにつながれば嬉しいです。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます

あやの はるか

 

**********

突然ですが・・

あなたの食事の好みは、洋食派?それとも和食派ですか?

 

 

私は、子供のころから「和食派」です。

私の父は、洋食のコックさん。

 

オムライスやハヤシライス、ポタージュやハンバーグ・・・

子供の喜ぶメニューを作ってくれましが、私は、あまり嬉しくありませんでした。

父が和食の板前さんなら良かったのに。

ずっと、そう思っていました。

 

ですが、残念なことに、もう父はいないので、父の手作り料理を口にすることはできません。

父の他界後から、洋食の良さにも気づき、食べに行く機会も増えました。

あなたには、何かのきっかけで、好みが変わったもの、ありますか?